2018年7月18日水曜日

石舞台


うだるような暑さの中、猫は一番涼しい場所と放熱の方法を知っている。

すごいね!


2018年7月16日月曜日

2018年7月14日土曜日

「かべねこ」もどき


本日、赤レンガ倉庫で吉田裕吏洋さんの写真集を購入させていただきました。

その記念に、2冊のうちの1冊のタイトルになっている「かべねこ」に該当しそうな写真をセレクトしました。

ちょっと違うかな。。。(^^;


2018年7月7日土曜日

■写真展物語 第3章 第7話


【レイアウト】

展示する作品、27点が「ほぼ」確定したので一安心ですが、次にやることがあります。
そう、展示レイアウトの検討です。

写真展をするときに、個人的に最も楽しいと思っているのが「展示作品セレクト」、次いで「展示レイアウトの検討」です。
つまり、今が一番楽しまなくてはいけない時期、楽しまなくては損な時期ということになります。

そのため、恒例のやり方、「縮小した写真を表計算ソフト上で配置する」ということを楽しんでいます。
今回は、「ほぼ」同じ長さの壁面が通路を挟んで2面のみ、片面が1段、もう片面が2段と決めたので、それほど悩みどころはなく、並び順だけがすべてです。
ただ、欲張って片側をオール2段、しかもA2サイズにしたため、少し窮屈な感じになりそうなのが心配です。

過去2回の個展では、撮影場所ごとにグルーピングして、各コーナーで統一感を出してきました。今回に関しては、ミニギャラリーということで展示枚数が、今までの半分程度になっているため、グルーピングしても2~3枚になってしまい、まとまりがありません。

そこで、まったく逆の発想にしました。

なるべく「統一感が出ない」ように、「バラバラになる」ように配置することで、『似たような写真というイメージを抱かれない』ことを目指しました。
もともと、今回の展示が決まったとき、フジフイルム担当の方から伝えられたのが「背景も含めて、似たような雰囲気の写真が多いので、枚数を絞ってミニギャラリーで。」ということでしたから、何とかそこを覆す努力をしています。

バラバラにするというのも簡単そうに思えますが、けっこう難しくて、何度も並べ替えています。
1段の壁面は、左右だけ、せいぜい隣の隣までを気にすれば良いので、それほど苦労しません。しかし、2段の壁面は、上下左右斜めを考える必要があるので、バラバラ感を出すには、なかなか頭の体操になります。

並べて見ていると、人が写っているというだけで、今までの私の展示写真とは、かなり違う雰囲気になっている感じがします。
猫写歴15年目にして、ちょっとだけ自分の殻を破れたような気がしています。

みなさんにも、そんな写真をプリントでご覧になっていただけたらと思います。


2018年7月6日金曜日

2018年7月2日月曜日

黒系トリオ


地味な場所に、地味なトリオがいて、カメラを向けたら、全員がこちらを見ていました。


2018年7月1日日曜日

光と影が躍る壁


壁に映る光と影の美しさに足を止めたら、もれなく猫が寝ていました。

寄ったり引いたりしながら、この構図に決めました。