2018年9月16日日曜日

12,000歩の結果


久しぶりに、猫を探しながらの本格的な街歩き。

家に戻ってからスマホを確認したら、知らぬ間に12,000歩以上になっていました。

そんな中で撮った1枚。
たくさん歩いた割に、遭遇率はそれほどでもなかった気がします。


2018年9月15日土曜日

雨の日の出会い


当たり前のことですが、雨の日にしか撮れない画があります。

雨だからと言って、家に引きこもっていては、駄目なのです。


2018年9月14日金曜日

■写真展物語 第3章 エピローグ


たくさんの方にご協力いただき、無事に2週間の個展が終了しました。
ご来場くださった方、遠方から応援してくださった方、SNSなどで告知活動に協力してくださった方、ありがとうございました。

六本木という好立地、明るい雰囲気で入りやすい1階、多数のギャラリーや各種展示コーナーの併設、という最も集客が見込める場所で運良く展示できたことは、一生の思い出になります。

複数のギャラリーが併設されていることで、まったく異なるジャンルの写真展が、いくつも同時並行で行われているという空間を存分に堪能することができました。
私の展示を目的に来場される方もいれば、猫写真などには全く興味が無い方もいて、いろいろな意味で楽しめました。

受付嬢やカメラ展示コーナー、また化粧品コーナーの方の中にも、猫を飼っていたり、猫好きの方もいて、空いている時間にじっくり見ていただくことができました。
2週間も在廊していると、各コーナーの方とも顔見知りとなり、何度かお話させていただく機会もあり、長期在廊のメリットを享受させていただきました。

また、表通りに出て六本木の街を撮影したりして、短時間ですが、けっこう離席率が高く、展示とは別にも楽しませてもらいました。そして、設置してもらった椅子もパイプ椅子ではなく、座りやすいものだったので、在席中も楽をすることができました。
疲れつつも、思う存分楽しんだ2週間でしたが、展示にはつきものの終了後「抜け殻状態」に陥りそうです。ただ、運良く1日だけ出社で3連休なので、3日間で抜け殻から脱出できるようにがんばります。

コニミノのときに「最初で最後発言」をして失敗(笑)したので、可能性ゼロとまでは断言しませんが、再度六本木で展示できる可能性は限りなくゼロに近いと思います。
ミニギャラリーとはいえ、ここまで条件の良い場所で展示できたのはラッキーだったと感じています。

条件の良さは、搬出のときにいただいた14日間の日別入場者数レポートでも明らかです。14日間の合計は2万人弱という驚くべき数値で、入場者の半数が私の展示を見てくれたとすれば、1万人ということになります。


さて、褒められて伸びるタイプの私としては、展示を行ったあとは、猫写に対するモチベーションが上がります。
しばらく、今回のテーマで継続して撮りためて、また個展にチャレンジしたいと考えています。とりあえず、目標を設定しておくと、撮影に対するモチベーションが違ってくるので。。。

ポイントは、定年前に実現できるか否かでしょうね。(^^)/
あと3年か~、厳しいだろうなぁ。。。



最後になりましたが、今回の展示作品は、Webでの公開予定はありません。理由は、会場での撮影を不可にした理由と同じです。


2018年9月13日木曜日

1万人?


本日、フジフイルムスクエアで開催していた個展が無事終了しました。
みなさま、ありがとうございました。

撤収は、壁からパネルを外して箱に入れるだけなので30分で終了。

ギャラリー担当の方から、その場で、本日16時までの日別入場者数レポートをいただきました。
14日間で2万人弱、これは建物に入った人の数ですから、約半分が私の展示を見てくれたとすれば、1万人ということになります。

過去2回の個展は、1500人程度でしたから、期間が長いとしても【六本木恐るべし】という結果になりました。


ちなみに、「外国の方が多いですよね」と言ったら、「たぶん、2割程度が外国の方だと思います」ということでした。


2018年9月12日水曜日

ラスト1日


いよいよ、明日で最終日となりました。

長かった2週間も終わり寂しい限りです。

明日は、16時までとなりますので、お勤めの方は難しいと思いますが、来場いただく場合には、ご注意ください。


2018年9月11日火曜日

■写真展物語 第3章 第12話


【猫写真ファンの裾野】

昨日の18時過ぎ、雨の中、サラリーマン風の方が来場されて声をかけていただきました。
「すごく良かったので、また来てしまいました。」ということで2度目の来場とのことでした。

その方が言うことには、
「初めて、猫写真が良いと思える作品に出合えました。
構図や人の配置もすごく絶妙で、人物のボケ具合を見ると被写界深度も考え抜かれていると思います。
ふらっと行って撮れる写真ではないことはわかりますが、苦労して撮影したという感じが出ていないところが良いです。
苦労して撮影した感じが前面に出ている写真は、それだけで引いてしまいます。」
などなど、熱く語っていただきました。

私は、
「散歩気分で、単焦点1本で出かけています。」とお話しておきました。

話かけていただく前に離席していたので、後から気が付いたのですが、芳名帳にも「すごく良かったので、また来てしまいました。」と書いてありました。
ほんとうに、ありがたいことです。


今回の会場は、立地条件が非常に良いため、猫写真が展示されていることを知らないで来場される人の方が圧倒的に多いです。

これで少しは、猫写真ファンの裾野を広げることができたかもしれません。


2018年9月10日月曜日

質問


今回の展示で一番よく聞かれるのが、鉄道関係の写真で「どこの駅ですか?」とか「XX駅ですよね」というものです。

やはり、鉄ちゃんでなくとも、鉄道が好きという方は多いようですね。


2018年9月9日日曜日

笑顔


展示してある作品を見ながら、笑顔で会話をしている人たちを、少し離れたところから眺めていると、こちらまで笑顔になれます。

これだから、展示はやめられないのです。

ちなみに写真のやんちゃさんは、全く笑顔ではありません。


2018年9月8日土曜日

二科展


現在、フジフイルムスクエアのすぐ近くにある国立新美術館で、二科展の展示が行われています。

その帰りに寄る方も多く、「二科展で猫の写真も何枚かあって、どれも猫だけが大きく写っていた気がするけど、こういう撮り方もあるのですね。」という感想をいただきます。


2018年9月7日金曜日

遊び疲れて


今回、一番人気の「かくれんぼ」に登場している やんちゃさん。

遊び疲れて熟睡中です。


2018年9月6日木曜日

番犬?


勇ましいポーズの君は、番犬のように素敵だね。

ということを書いている暴風の夜。


2018年9月5日水曜日

見つめる


昨年9月の写真。

いつでも、君は「その先」を見つめているよね。


2018年9月4日火曜日

セレクト


今回の個展で、猫好きの人たちに、最も好評なのが、この写真の子が「かくれんぼ」をしている作品です。

『猫と人』としては弱い写真かもしれませんが、セレクトするときに、「せっかくいろいろな人に観に来てもらうのだから、かわいい系も入れておこう。」と思い選びました。


2018年9月3日月曜日

ここにいるよ


これは、今回の展示の中の1枚に近い構図の写真です。

その展示写真は、鉄道写真が好きという方、数名の方から好評です。


また、ありがたいことに、何枚かある鉄道系写真を見た方たち数名から、「中井精也さんみたいで素敵ですね。」と声をかけていただきました。

中井さんは、すごい撮り鉄の人だと思っていましたが、調べたら「ねこ鉄」という企画をやっていたのですね。勉強不足で知りませんでした。(^^;


2018年9月2日日曜日

14mm効果


今回の展示でも、思いのほか14mmで撮影したものが多い。

16mmを手に入れてからは、出番が減った14mmだけど、優等生の16mmに対して、面白い画が撮れるのが14mmなのかもしれない。

などと考えながら、これを書いている個展初日の早朝。


2018年9月1日土曜日

運が良いのか悪いのか


個展スタート後、最初の週末です。

いきなりの雨模様で、運が悪いのか。
それとも、少し涼しくなって、運が良いのか。

それは、受け止め方、考え方次第なのです。