2017年12月11日月曜日

赤い扉のある家


この赤い扉のオシャレな家は、君の住まいなのかな。

それとも、右側の年季が入った渋い家が、君の住まいなのかな。

どちらにしても、君が暖かく過ごせる場所があることを信じているよ。


2017年12月10日日曜日

母娘の肖像


いつでも、いっしょにいる仲良し母娘。

母が、長毛の娘を毛づくろいしてあげます。
毛づくろいが終わって、ポカポカ陽射しが気持ちよくて、うとうとしています。

静かな公園の平和なひととき。


2017年12月9日土曜日

ともだち


君とボクは、ともだちということでいいんだよね。

ここまで近寄らせてくれるのは、ともだちだからなんだよね?


2017年12月8日金曜日

2017年12月7日木曜日

待ちわびて


静かな住宅街の朝。

ボクが角を曲がった瞬間、君の姿が目に飛び込んできたんだ。

君は、そこで誰かを待っているのかな。


2017年12月6日水曜日

それぞれの視線


君の視線と、車掌さんの視線、全く別のものを見ているけど、どちらも真剣なんだよね。

そんな君たちをファインダー越しに見つめるボクの視線も、真剣なんだよ。


2017年12月5日火曜日

寄って見上げる


君が逃げないことが解ったから、思い切り寄らせてもらったら、急に立ち上がって大サービスしてくれたね。

おかげで、ワイドなレンズならではの写真を撮ることができたよ。


2017年12月4日月曜日

カーシェアリング


車を持っていない君とボク。

荷物の積み下ろしのために止まっていた車を、少しだけシェアさせてもらったよね。

君はフロントで暖を取り、ボクはリアで写真を撮り、お互いに満足できたかな。



2017年12月3日日曜日

生きるための知恵


寒い冬を乗り越えるため、少しでも暖かい場所で夜を過ごす。

君が誰に教わることもなく、身に付けた知恵なんだよね。

せっかく見つけた場所なんだから、ボクは早々に失礼するよ。


2017年12月2日土曜日

ドラマティックな空の下


ボクが振向いたら君がいて、君はボクの横を通り過ぎて、そこで止まってくれたよね。

2色の花に挟まれた小道、ドラマティックな空、そして逆光という条件を君が準備してくれたから、ボクはただシャッターを押しただけさ。


2017年12月1日金曜日

始動


今朝も電車が動き出すと、君は勤務を開始する。

もう、何年も、そうやってきたように。

君もボクも。


2017年11月30日木曜日

気になる存在


君が、道の向こう側を気にしているのをいいことに、寄れる限り寄らせてもらったよ。

カメラを構えたボクが寄ってくることより、あっちにいる友達が気になるんだよね。


2017年11月29日水曜日

威厳


君の横顔は、美しくて、威厳すら感じるよ。

カメラが、どれだけ近づいても、意に介さずということだよね。


2017年11月28日火曜日

雨降る朝には


雨が降る日は雨のように、風吹く夜には風のように、晴れた朝には晴れやかに、、、

君たちは、そうやって毎日を過ごしているんだよね。


2017年11月27日月曜日

つっぱり


枯葉が舞う道で、君は前足に気合をいれて、立ちはだかっていたね。

何がそんなに気になるのかな。


2017年11月26日日曜日

右か左か


いつも仲が良い君たち、今日は意見が合わないのかな。

短毛サビ母さん、長毛サビ娘、天気が良すぎて、二人ともベンチの陰に隠れているところは、バッチリ気が合っているよね。


2017年11月25日土曜日

得意気


レールの上を上手に歩いてきた君は、ボクの方をチラリと見て、得意気だったよね。

でも、ボクの方も、こんなシーンが撮れたので、得意気だったけどね。


2017年11月24日金曜日

どーん


この日の君は、機嫌が良くて、ボクがいくら触っても平気だったから、「どーん」と寄らせてもらったよ。

表情は、それほど機嫌が良さそうには見えないけどね。


2017年11月23日木曜日

雨の勤労感謝


雨の日でも、勤労感謝の日でも、君たちは、この駅を見守り続けているんだね。

ボクなんか、たったの3時間だけなのに、体の芯まで冷え切ってしまったよ。


2017年11月22日水曜日

グロッキー


まだ、暑くなり始めたばかりの頃、君は完全にやる気を無くしていたよね。

その姿勢が、やる気の無さを物語っているよ。


2017年11月21日火曜日

待ち伏せ


「誰か、かわいい僕と遊んでくれないかな。」という期待の視線で、君は階段の上を見上げていたよね。

でも、ほら、遊び相手なら、ここにいるんですけどぉ。


2017年11月20日月曜日

雨のちプラットホーム


昨夜は雨だったから、体が湿気っぽいのかな。

君はホームの隅で、体を乾かしていたけど、そこは危ないよ。

でもボクが、そんな心配をしなくても、君の方がちゃんとわかっているんだよね。


2017年11月19日日曜日

あでやかな共演


落ち葉の色もあでやかだけど、君も負けずにあでやかだね。

雲間から射す薄日が、あでやかさを一層引き立ててくれるから、ボクは寒さも忘れて、ただ見とれていたよ。


2017年11月18日土曜日

テールライトを見送って


すべるように去っていくテールライトを、君たちとボクの3人で見送ったね。

とても寒い朝だったけど、訪れてみて良かったよ。

(リスペクト 雨宮 奈津美 さま)




2017年11月17日金曜日

店先の瓶


やっぱり、店への呼び込みをしていると喉が渇くよね。

君が大きな声で呼びこみをしてくれるおかげで、お店はいつも繁盛しているよ。


2017年11月16日木曜日

マニア用ベンチ


君は、ここの場所のベンチが好きだよね。

ここは、薄暗くて目立たないから、マニアの人しか利用しないからね。

マニアと言うのは、もちろん。。。


2017年11月15日水曜日

微妙な色気


君が男子なのか女子なのか、知らないけれど、微妙に色っぽいポーズだね。

一応確認だけど、誘惑しているわけじゃないよね。


2017年11月14日火曜日

安全地帯の安心感


レンズを差し込むことができるくらい、広い幅の鉄柵に囲まれた敷地内に君の姿を発見。

ボクは、もちろんレンズを差し込んで、自由にならない角度に苦労しながら撮影していたんだ。

怪しいやつを見る視線を向けていた君だけど、余裕だったよね。


2017年11月13日月曜日

先端からの眺め


君は、なんだか眺めの良さそうな場所をひとり占めしているんだね。

忙しそうな君のじゃまなんてしないけど、後姿をこっそり撮らせてもらうよ。


2017年11月12日日曜日

宝石箱を落としたら


君の姿に見とれてしまい、つい手元が滑って宝石箱をひっくり返してしまったよ。

でもボクは大金持ちだから、これは拾わないで置いていくことにするからね。

君へのささやかなプレゼントとして受け取ってくれるかな。


2017年11月11日土曜日

雨上がりの門番


真剣なまなざしで歩いてきた君は、そこでぴたりと止まって微動だにしなかったよね。

全く動く気配がなかったから、ボクは水たまりの反対側へ移動して、君が何とか水鏡に映るようにがんばったんだ。


2017年11月10日金曜日

真っ赤な柱


君よりも、真っ赤な柱の方が目立ってしまったね。

「私より目立つなんて許せないわ」とでも思っているのかな。


2017年11月9日木曜日

落葉を踏みしめて


カサカサカサ、君は小さな音をたてながら、ボクの目の前を歩いて行ったよね。

ちょっと寒いけど、いい季節になったから、もっと頻繁に君に会いに来たいな。


2017年11月8日水曜日

モノクロじゃなくて


君が悪いわけじゃないけど、まるでモノクロ写真みたいになってしまったね。

でも、とても素敵な記念写真になったよ。


2017年11月7日火曜日

水たまりの向こうへ


ボクが振向いたら、君はしっかりとした足取りで白線の上を歩いていたんだ。

その視線は、力強くて、ただひたすらに前だけを見ていたね。


2017年11月6日月曜日

夜の、その先


夜が終わりを迎えようとしているときに、突然、君が線路伝いに現れたんだ。

闇の中から浮かび上がるように。。。

君の視線は鋭くて、ボクを一瞥してから、また闇に消えていったね。


2017年11月5日日曜日

晩秋の風物詩


昨夜から今朝にかけて、すごい風だったよね。

君が、どこで風をしのいでいたのかは知らないけれど、大量の落葉の上に座れば、少しは暖かいのかな。

そうだとすれば、落葉を運んでくれる風も悪くないよね。


2017年11月4日土曜日

心変わり


ボクが、しゃがんでカメラを構えたら、君は嬉しそうに近づいてきたよね。

それなのに、なぜ目の前でUターンしてしまったのかな?

女心と秋の空、そして猫のきもち。。。


2017年11月3日金曜日

全力中年


3連休は晴天の予報なのに、昨夜から降り始めた雨は、家を出る頃には止んでいた。

外に出ると、空はまだ真っ暗だ。

駅に向かう道すがら、全力少年を聞きながら、テンションをあげていく。


狙ったわけではないが、まだ薄暗い中、雨上がりの街灯りを背景に、猫が横切っていく姿を撮影することができた。

中年おじさんの全力撮影だ。
(もう、中年を超えて高年という話もあるが。。。)


2017年11月2日木曜日

ベンチの香り


君が、一生懸命に匂いを嗅いでいるのはベンチだよね。

何か良い香りでもするのかな。

それにしても、ずいぶんかわいい座り方なんだね。


2017年11月1日水曜日

脱力感


やあ、君たち、朝からやる気のなさが全開だね。

まだ暑かった頃だから仕方ないかな。

そして、急に寒くなったから、またもや、やる気がなくなってしまったのだろうね。


2017年10月31日火曜日

警告のまなざし


駅で働く君からのメッセージだから、ルールは、しっかりと守らせてもらうよ。

だから、そんな目で見なくても大丈夫だよ。


2017年10月30日月曜日

大あくび


おはよう!
ちょっと曇り空だけど、気持ちがいい朝だね。

君は、まだ眠そうだけど、ボクは君に会えたので、テンション高めだよ。


2017年10月29日日曜日

流れ去る


君は、どのくらいの数の電車を出迎えて、見送ってきたのかな。

今日もまた、ホームを流れるように去っていく電車を、君は数えているのだろうか。


2017年10月28日土曜日

驚愕のスキマ


かなり狭いスキマの奥の奥に、君の姿を見つけたよ。

ボクが声をかけたら、君は「そんなはずはない」というように、とても驚いた顔をして振向いたね。


2017年10月27日金曜日

出発


さあ、気持ちが良い朝が始まるから、君は見回りに出発だね。

ボクは、そっと後姿を見送ることにするよ。


2017年10月26日木曜日

雑然


雑然とした店の入口で、君はどっしりと構えていたね。

そこは、きっと君の場所なんだよね。


2017年10月25日水曜日

威風堂々


君は女子だけど、ずいぶんと風格があるね。

ホームに入ってきた電車なんか、眼中にないんだね。

「あねご」って呼ばせてもらってもいいかな。


2017年10月24日火曜日

降り注ぐ朝日


陽射しが恋しい季節になってきたね。

湿った地面を避けて、君は特等席で陽を浴びて気持ち良さそうだよ。


2017年10月23日月曜日

好奇心


君はボクが、これ以上近づけないことを理解しているのかな。

好奇心いっぱいの視線で、ボクのことを見つめていたね。